家作りの第一歩はココから!

外観が近代的に

町を歩いていると、子供でさえ『あれは新しい家、こっちは古い家』というようにわかるものです。家の古さという事もありますが、家の建て方、外観だけで年代がわかるものなのです。たとえ30年経過している家の壁や屋根を変え、新しくしたとしても、今建てられた家とは判断できないでしょう。

 

家を建て替えするメリットとして、家の外観が近代的になるというところがあります。外壁や屋根の形、設計全てにおいて、今の時代を反映している作りになる事でしょう。もちろん、メリットはただ見た目が近代的というだけでなく性能も近代的になっています。外壁で言えば、汚れが付きにくい壁であったり、燃えにくい素材などがあります。ガラスにしても二重サッシ、ペアガラス、ドアも高く広くできています。ベランダにしても昔のように鉄格子のような形ではなく、家の壁と同じ材質で作られていたりもします。見た目、性能、機能性全てにおいて近代的になるのです。

 

ただ、それは依頼する建築業者にもよります。今流行っている住宅メーカーであれば、最新の材質、設計をしてくれます。ですが、昔ながらの大工さんの一部は、昔と何も変わらない作りで家を建てる傾向にあります。技術は高いのかもしれませんが、時代の流れにマッチしたものではなくなっている事が多いのです。もちろん、全ての大工さんがそうだというわけではなく、長年培った技術と、最新の流行を取り入れて時代に適応しているところもあります。そのため、建築業者を選ぶ場合には、実際に建てた家をみせてもらうといいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市