家作りの第一歩はココから!

工事期間が長い

家を建て替える時のデメリットとして、着工から完成までに工事期間が長くなるということがあります。新しい土地に家を建てるのであれば、地盤調査をおこなってから家を建て始めます。もちろん、その前に建設業者を選んだり、設計したり、金融機関とのローンの打ち合わせなどいろいろな事をしなければいけませんが、これらはひとによって違います。そのため、工事期間だけ見れば3〜5ヶ月くらいはかかるものです。リフォームであれば、回収したい部分だけを直すのですから1〜2ヶ月もあれば十分でしょう。

 

建て替えとなると、これらの方法よりもさらに期間がかかります。それは、まず今住んでいるところを取り壊さなければいけないからです。取り壊すのだけで数週間かかります。そこから新築と同じように地盤調査をおこない工事に入るのです。その取り壊し期間分、工事期間が長くなるのです。家が大きくなればなるほど、隣の家と密着していればいるほど取り壊し期間が長くなるのです。そのため、取り壊し開始から新居が出来上がるまで半年〜9ヶ月くらいかかるといわれているのです。

 

また、取り壊しを開始する前には、引っ越しをしなければいけませんから、その荷づくりにもかなりの手間と時間がかかるでしょう。そして、新しい土地に建てたり、リフォームをするよりも、建て替えローンは審査が通りにくいといいます。そのため金融機関の融資が決定するまでにもいろいろな種類を準備したりしなければいけませんので、さらに時間がかかると言えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市