家作りの第一歩はココから!

仮住まい

家を建て替えする際に必要なものとして、仮住まいがあります。ちょっとしたリフォームでは、改修作業をおこなわない部屋で生活をすることができます。また新しい土地に家を建てるというならば、その家が出来上がるまでは、今まで通りその家で生活することができるでしょう。ですが、建て替えとなると、その家を取り壊して、その土地に新しく家を建てるわけですから、その工事期間の間は生活するところが無くなるのです。

 

仮住まいを探すには大きく分けて3つの方法があります。一つは一軒家を借りて、そこへ家族だけでなく家具や電化製品など、今まで住んでいた家の中にあるもの、建物以外をすべて引っ越しさせるという方法です。ただ、デメリットとしては、家賃がアパートよりも高くなる上、なかなか短期間貸してくれる一軒家が見つからないというところです。

 

もう一つには、アパートを借り、家族と生活に必要な最低限のものだけを移すという方法です。一軒家よりは家賃は安く、物件も見つけやすいですが、全てのものをアパートの部屋に入れる事はできないでしょう。そのため、その他のものは他の場所に保管してもらわなければいけません。しかも必要最低限もののですから、使いたいものが使えないという事もあるでしょう。

 

最後に、親せきや知り合いの家にその期間だけ住まわせてもらうという方法もあります。ほとんど家賃もかからず、大きい家で庭や倉庫も備わっているところであれば、家の中の荷物も預かってもらえるでしょう。ただ、知り合いや親せきとはいえ、家族以外の人と一緒に生活をするのですから、精神的に大変かもしれません。数日であればいいですが、建て替えが終わるまでは最低でも半年はかかるでしょうから、お互いに気を遣ってしまうでしょう。

 

このように、建て替えをする場合、家の設計なども大切ですが、仮住まいをどうするかという重要なポイントになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市