家作りの第一歩はココから!

建て替えとリフォームはどちらがいい?

今住んでいるところを活用すると言う場合、今の家を解体し新しく家を建てる建て替え、今の家を活かし増築や改築などをおこなうリフォームがあります。どちらがいいのかというと一概に比較はできません。それは、その家の損傷度などにもよりますし、それに伴う費用の面も関係してくるからです。

 

費用の面で言えば、建て替えの方がかなり出費は大きいです。それはそうでしょう、リフォームの方が高くつくなら何も新しく建て直した方がいいのですから。建て替えの場合は、家の新築費用だけでなく、解体費用、仮住まいの費用、2回にわたる引っ越し費用、仮住まいをするところが狭ければ、そこに入りきれない家具や荷物を預けておくところも必要となるでしょう。ところが、リフォームの場合は、普段通りの生活を送りながら、一部分を直す・補強するわけですから、余ほど大掛かりなリフォームで無い限りは引っ越しする必要もありません。かかる費用も、増築・改築費用だけで済みます。

 

ただ、リフォームの場合、建物自体は基本そのままですから、数年後、数十年後には結局建て替えしなければいけなくなるでしょう。一方、建て替えは一度おこなえば、多少の修繕は必要になるかもしれませんが、50年、60年と住み続ける事も可能です。また、リフォームは費用がかからないとは言っても、あまりに老朽化が進んでいれば耐震対策、補強などを重視しなければいけませんので、建て替えまでの費用はかからないまでも大金がかかる場合もあるのです。

 

そのため、どちらがいいのかは家の具合を見なければわからないのです。ただ費用が無ければとりあえずリフォームをしておき、予算の都合が付いたら建て替えをするというのも一つの方法ですし、金利が安くなるまで待つというのも選択肢にあります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市