家作りの第一歩はココから!

地盤調査

建て替えをする場合、今住んでいる家を解体すれば、そこにすぐ新築工事を始められるわけではありません。

 

今まで住んでいたからといって、すぐに家を建てられるというわけではなく、地盤調査をおこなう必要があります。地盤調査をして問題がないとなれば、そこから新築工事がスタートするのです。

 

ですが、万が一、地盤が弱いという事になれば、そのまま家を建てる事は出来ません。今まで何十年と住んできているのだから大丈夫だ、と言ったところで法律で決められているのですから、地盤改良をしなければ家を建てる事は出来ないのです。

 

地盤が弱い場合は、杭を打つなどして地盤改良をする必要があります。それにかかる費用は、その地域や業者、改良の程度にもよりますが、だいたい70〜100万円くらいかかってしまうのです。この費用はおそらく最初の見積もりの段階では含まれていない費用でしょうから、当然トータルの費用は大きくなるでしょう。ただ、ハウスメーカーによっては同じ地域の工事を受け持ったところもありますから、『あちらの家の建て替えの際に、このあたりの地盤を調査した結果、おそらく地盤改良は必要ないと思います』と言われるかもしれません。逆に、同じ地域で地盤改良をおこなったところがあれば、見積もりの段階で『おそらく地盤改良が必要になるかもしれませんので・・・』ということで見積もりにも含まれるかもしれません。

 

地盤改良するとなれば、家を建てる前に地盤改良の工事をしなければいけませんから、工事期間はさらに長くなるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市