家作りの第一歩はココから!

引越費用(2回分)

家を建てるという場合には、新築であろうと、中古物件を購入しようと引っ越しをしなければいけません。もちろん、アパートに一人暮らしをしている人の引っ越しであれば、さほど荷物が多いわけでもありませんので、機になる金額ではないでしょう。ですが一戸建てに住んでいる家族が引っ越しをするとなると、かなりの労力と費用がかかります。

 

荷物の量、家族数、引っ越し先までの距離によっても異なりますが、同一市内であっても10万円前後になる事は避けられないでしょう。また、荷物の梱包から全て依頼するとさらに高くなります。

 

建て替えをするという場合、まずは仮住まいに引っ越しをして、新しい家が出来あがったなら再びそこに引っ越ししなければいけませんから、最低でも引っ越しは2回行わなければいけないのです。ということは、単純計算で引っ越し費用が倍かかってしまう事になるのです。1回ならまだしも、2回となると出費も楽ではないでしょう。

 

いくらでも引っ越し費用を節約するには、まずは引っ越し業者を競争させることです。また、引っ越しをする日を繁忙期を避ける事でしょう。引っ越しの繁忙期は3〜4月、そして土日祝日ですから、それを避けることでも安くできます。また荷物は極力少なくすることで、1人暮らしの場合は減らせても微々たるものですが、家族全員となるとだいぶ減らすことも可能でしょう。いろいろ試行錯誤をすれば引っ越し費用は半分近くに節約することができる場合もあります。また、引っ越し業者でもできるだけ仕事は請け負いたいものですから、2回引越しをするという事を伝え、交渉すればさらに安くできるかもしれません。もしかすると普通に1回引越しする費用で2回出来るかもしれませんよ。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市