家作りの第一歩はココから!

年齢

建て替えを考えるタイミングとしては、借り入れをする人の年齢にもよるでしょう。20〜30代の人で安定収入がある人であれば、何も心配する事はないですが、それよりも年齢が上がってしまうと、長期間の借り入れが難しくなる事があるのです。

 

今は定年が60〜65歳に引き上げている段階です。たとえば定年を65歳としたならば、50歳の人がローンを組めるのはせいぜい15年程度までなのです。それは定年になってしまえば安定した収入が無くなるからなのです。安定した収入が無くなるという事は、残金を返済していくことが困難になるのです。逆に35歳であれば、そこから30年のローンを組むことも可能なのです。ローンの期間が長くなれば、当然利息も多くなり総支払額も多くなりますが、それでも毎月の支払額は少なくなり負担も少ないのです。

 

もしも、1,500万円の建て替え費用が必要で、毎月7万円しか住宅ローンの支払いに回せないというのであれば、返済期間が20年(金利1.0%の場合)より長くなると厳しくなります。そんな人は、遅くとも45歳になる前に建て替えを考えなければいけません。もし9万円支払えるというのであれば、50歳まで、というように年齢によって建て替えを考えるといいでしょう。逆に、毎月5万円しか返済に回せないというのであれば、返済には30年近くかかりますから、35歳になる前に建て替えを考えなければいけないでしょう。

 

ただ、建て替えローンの場合、二世代型ローンが組めます。これは、親子二代にわたって返済していくという名目で融資を受ける方法です。そうすると、たとえ親が定年で収入が無くなっても、それを息子が支払っていくということになります。それだと、年齢に関係なく長期ローンも組めるでしょう。ただ、当然ですが、子供の承認も必要になりますので、子供がいない場合、子供が承認しない場合には組めません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市